News

細胞はウイルス由来のタンパク質を使って情報伝達を行う

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2018.180305

原文:Nature (2018-01-11) | doi: 10.1038/d41586-018-00492-w | Cells hack virus-like protein to communicate

Sara Reardon

細胞が情報伝達を行う様式に、これまでに知られていないものが見つかった。長期記憶に関わるタンパク質Arcは、ウイルスが遺伝物質を運ぶのと似た形式でそれを行っていたのだ。

ウイルスは遺伝物質をキャプシドと呼ばれる殻に包んで輸送する。このほど、ニューロンから放出された細胞外小胞が同様の機構で別の細胞に遺伝物質を輸送していることが観察された。 | 拡大する

M. WURTZ/BIOZENTRUM, UNIVERSITY OF BASEL/ SCIENCE PHOTO LIBRARY/Getty

動植物のゲノム内には、ウイルス由来の塩基配列が至る所に存在している。これは、ウイルスが数億年前に自らのDNAを動植物のゲノムに組み込んだためだ。こうした配列の多くは活性を持たないが、今回、2つの研究チームが、マウスとショウジョウバエにおいて細胞の情報伝達に関与しているArcという遺伝子は、こうしたウイルス由来の配列の一部から進化したことをそれぞれ示し、2018年1月11日にCellに報告した1,2。この2編の論文によれば、Arcにコードされるタンパク質は、そのウイルス様構造を利用して細胞間で情報伝達を行っているという。これは新しい形式の細胞間情報伝達であり、長期記憶形成などの神経学的機能に非常に重要な役割を果たしている可能性がある。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度