News & Views

大きさも量も大規模化したDNA自己集合

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2018.180332

原文:Nature (2017-12-07) | doi: 10.1038/d41586-017-07690-y | DNA self-assembly scaled up

Fei Zhang & Hao Yan

DNAは、自己集合によって目的の形状の物体を形成するよう設計することができる。しかし、形成できる物体のサイズと量は限られており、そのコストも高かった。今回、この問題を克服する方法が見いだされた。

自然界には、タンパク質折りたたみや脂質二重層の形成から、地球の生物系全体の確立に至るまで、さまざまな形の自己集合プロセスが存在している1。科学者らは長い間、研究用、工学用、医療用の人工細胞機械の構築を目指して、細胞や細胞小器官と同等の大きさ・複雑さを持つ人工物体を、自己集合によって作り上げたいと熱望してきた。このほど、こうした目標に向けた大きな進展が見られた。DNAでできたデザイナー自己集合ナノ構造体の大型化方法と大量生産方法に関する4編の論文2-5が、Nature 2017年12月7日号に掲載されたのである。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度