News

気分障害を脳内埋込み装置で治療する臨床試験

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2018.180210

原文:Nature (2017-11-30) | doi: 10.1038/nature.2017.23031 | AI-controlled brain implants for mood disorders tested in people

Sara Reardon

DARPAから資金提供を受けている研究チームが、気分障害やPTSDの患者を脳内埋込み装置を使って治療する試験を始めている。この装置はAIで制御され、神経活動を記録して、自動的に脳を刺激する。

脳内埋込み装置はてんかんと運動異常の治療に使用されている。 | 拡大する

BSIP/UIG/GETTY

人間の感情と行動に同調した電気パルスを発生する脳内埋込み装置の、初めての臨床試験が行われている。米国国防総省の研究部門である米国国防高等研究計画局(DARPA)が研究資金を提供している2つの研究チームが、気分障害に関連するパターンをアルゴリズムを使って検出する「閉ループ」脳内埋込み装置の予備臨床試験を始めたのだ。これらの装置は医師からの入力なしに脳にショックを与え、脳を健全な状態に戻すことができる可能性があるという。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度