News Scan

古代木の年輪

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2018.180204b

古生代の樹木クラドキシロンは非常にユニークな成長をしていた。

マツの木の幹を切ると、同心円状の輪が見える。この年輪は成長期と対応している。だが全ての切り株がこうとは限らない。去る11月にProceedings of the National Academy of Sciencesに発表された研究は、世界最古の木が全く異なる構造をしていたことを明らかにした。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度