News

マウスで同性の両親から仔、雄同士では初

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2018.181203

原文:Nature (2018-10-11) | doi: 10.1038/d41586-018-06999-6 | Healthy mice from same-sex parents have their own pups

Jeremy Rehm

哺乳類の発生には、母親由来のゲノムと父親由来のゲノムが必要だ。このほど、卵と精子のゲノム機能の差異の解析がさらに進み、二母性マウスだけでなく、二父性マウスも初めて作出された。

雌マウス2匹を両親とするマウスと、そのマウスが生んだ仔。 | 拡大する

Leyun Wang

このほど、雌マウス2匹を両親とする健康な仔マウス(二母性マウス)の作出に加えて、雄マウス2匹を両親とする仔マウス(二父性マウス)の作出にも初めて成功したことが報告された1。この二母性マウスは体が正常サイズで、成熟して自分の仔を作ったものもあったが、二父性マウスの方は、最長で生後約2日しか生存できなかった(註:最初の二母性マウス作出の報告は、2004年に東京農業大学の河野友宏(かわの・ともひろ)らの研究チームが行っており、同チームは2007年には、やや小ぶりだが生殖可能な二母性マウス作出も報告している)。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度