News

ノーベル化学賞は試験管内でタンパク質を進化させる手法に

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2018.181209

原文:Nature (2018-10-03) | doi: 10.1038/d41586-018-06753-y | ‘Test-tube’ evolution wins Chemistry Nobel Prize

Elizabeth Gibney, Richard Van Noorden, Heidi Ledford, Davide Castelvecchi & Matthew Warren

タンパク質の進化を研究室で制御する方法が開発されたことで、バイオ燃料や新しい薬剤の開発につながった。

ノーベル化学賞の受賞者グレゴリー・ウィンター氏(左)、フランシス・アーノルド氏(中央)、ジョージ・スミス氏(右)。 | 拡大する

L–R: AGA MACHAJ; CALTECH; UNIV. MISSOURI-COLUMBIA

タンパク質の進化を加速させ、それを制御する方法を編み出した3人の科学者に、2018年のノーベル化学賞が授与される。彼らが開発した手法は、地球に優しい化学製品を作る技術や、新しい薬剤の創出につながった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度