Japanese Author

光で活性化されるタンパク質の新型を発見

神取 秀樹、井上 圭一

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2018.181118

ロドプシンは、光を受容して反応するタンパク質である。ヒトの眼の網膜で働いたり、オプトジェネティクス(光遺伝学)技術に利用されたりすることで知られている。ロドプシンには、タイプ1(微生物型)とタイプ2(動物型)の2種類が存在するというのがこれまでの通説だったが、今回、それを覆す発見があった。第3のタイプのロドプシン、「ヘリオロドプシン」が、神取秀樹・名古屋工業大学大学院教授と井上圭一・東京大学准教授らにより報告されたのである。

–– ロドプシンとは、どのようなタンパク質なのですか?

神取: ヒトなどの動物の眼に存在し、光を捉えるタンパク質として働くことで知られています。それにより、視覚が生じるのです。

また、ロドプシンは細菌などの微生物にも含まれており、光を捉えて、さまざまな反応を引き起こします。例えば、エネルギーを発生させたり、光の方向を感知して走光性をもたらしたり。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度