News & Views

RNA反復配列は細胞を固めてしまう

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170935

原文:Nature (2017-06-08) | doi: 10.1038/nature22503 | RNA repeats put a freeze on cells

David W. Sanders & Clifford P. Brangwynne

細胞核にできる小滴様のRNA凝集塊は、特定の神経変性疾患に関連している。実験の結果、こうした凝集塊が細胞の中で「固まった」ゲルになることが分かった。RNA凝集塊が毒性を持つ原因をこれで説明できるかもしれない。

拡大する

ANIMATED HEALTHCARE LTD/SPL/Getty

遺伝性の神経変性疾患の多くは、ヌクレオチド反復配列伸長(同一あるいはほぼ同一の塩基配列が反復するDNAの正常な部分が、元のサイズの数倍にも伸長する)と関係している。非コード領域(イントロン)にこれが起こるとRNA反復配列が形成されるが、これが翻訳されてタンパク質を作ることはない。こうしたRNA伸長には毒性があるが、その理由はこれまで説明されていなかった。しかし、今回、そうしたRNAが細胞核内でRNA凝集体(RNA foci)と呼ばれる球状の塊1を形成することが分かり、解明の手掛かりになりそうだ。カリフォルニア大学サンフランシスコ校(米国)のAnkur JainとRonald D. Valeは、RNA反復配列は相転移によって、凝縮した液状またはゲル様状態のどちらかになることをNature 6月8日号 243ページで報告している2。そのような「固まった」RNA fociがニューロンの機能不全を引き起こすのかもしれない。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度