News

Droshaは昔、ウイルス防御機構だった?

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170905

原文:Nature (2017-06-28) | doi: 10.1038/nature.2017.22191 | A billion-year arms race against viruses shaped our evolution

Amy Maxmen

脊椎動物細胞の核内で遺伝子発現の調節を行っているDroshaが、ウイルス感染に応答して細胞質内に出ていくという奇妙な現象が観察された。研究チームは、このタンパク質がかつてはウイルスと戦っていたと考えている。

ウイルスは、植物、動物および他の生物の細胞に侵入するために進化した。 | 拡大する

KATERYNA KON/SLP/Getty

ウイルスとその宿主は10億年以上も戦っている。この戦いにより、ウイルスや宿主免疫応答の劇的な多様化が引き起こされた。最も初期の抗ウイルス系が失われてから長い期間が経過しているが、このほど、ヒト細胞に化石のように埋もれていた「初期の抗ウイルス系の1つ」の名残を見つけた可能性がある。脊椎動物で遺伝子調節の制御に関わるDroshaと呼ばれるタンパク質はウイルスに対抗できることが、Nature 7月6日号114ページ1で報告されたのだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度