News

中性子星の核心に迫るNICER

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170909

原文:Nature (2017-06-01) | doi: 10.1038/546018a | Neutron stars to open their heavy hearts

Elizabeth Gibney

NASAが打ち上げた中性子星観測装置NICERが、宇宙で最も高密度な物質の内部を初めて覗き込む。

拡大する

NASA/Keith Gendreau

高速で回転しながら放射を発生する中性子星、パルサー。天文学者と物理学者はもう半世紀も、パルサーを眺めては首をかしげてきた。公園ほどの大きさの物質が、どうして太陽よりも大きい質量を持つことができるのだろう? 物質がどのような構造をとれば、こんな途方もない高密度になれるのだろう? 地上の実験室の中でこれらの疑問に答えることは不可能だ。けれども2017年6月3日に国際宇宙ステーションに向けて打ち上げられたNASAの中性子星観測装置NICER(Neutron Star Interior Composition Explorer)なら、いくつかの疑問に答えられるはずだ。この装置により天文学者は初めて、高速で回転する謎の天体の内部を詳細に見ることが可能になる。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度