Editorial

知能に関する研究のすすめ

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170833

原文:Nature (2017-05-25) | doi: 10.1038/nature.2017.22021 | Intelligence research should not be held back by its past

人種差別主義にまみれた知能の研究を救うのは、現代の遺伝学かもしれない。

拡大する

FREDERICK FLORIN/AFP/Getty Images

「知能に関する大部分の人々の知識は、良くても偏った知識であり、最悪の場合には完全に誤った知識となっている」。これは、2014年に論文誌Intelligenceが「知能の教育」に取り組んだ特集号の巻頭における編集長の言葉だ(Intelligence 42, 135; 2014)。この特集号では、少なくとも米国の超一流の大学5~6校の学部での心理学のカリキュラムに知能に関する講義がほとんどないことが明らかにされた。大学では知能論が廃れており、その理由は、知能論がエリート主義だけでなく人種差別主義の影響を受けており、学生も大学当局者も気まずさを感じるからだと思われる。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度