News

二次元の磁石が誕生!

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170807

原文:Nature (2017-06-07) | doi: 10.1038/nature.2017.22115 | Physicists have finally created a 2D magnet

Katherine Bourzac

原子1個分の厚さのシート状磁石が得られたことで、これまでは不可能だった数々の実験が可能になると期待される。

三ヨウ化クロム(CrI3)の結晶構造。単層シートを上から見た図(左)と横から見た図(右)。灰色がCr、紫色がI、矢印がスピンの向き。 | 拡大する

Ref.1

2004年にグラフェンの単離が報告されて以来、半導体や絶縁体、超伝導体など、さまざまな物性を持つ新しい二次元(2D)材料が次々と開発・実現されている。ところが、こうした原子1個分の厚さのシート材料群には、ある重要なメンバーが欠けていた。それは、磁石、つまり「強磁性体」である。2D強磁性体は半世紀近く前から探求されてきたにもかかわらず、物理学者たちはこれまで、そうした2D材料が存在し得るかどうかさえ確信が持てずにいた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度