News & Views

蚊が飛べる理由を解明

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 7 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170733

原文:Nature (2017-04-06) | doi: 10.1038/nature21904 | The aerodynamics buzz from mosquitoes

Laura A. Miller

蚊はその細長い羽を、同程度の大きさの昆虫の4倍の振動数で羽ばたいている一方で、羽ばたきの振幅はごく小さい。蚊の飛行の高速度撮影とコンピューター計算による分析から、蚊は、他の動物の飛行でこれまで見つかっていなかった独自の空気力学メカニズムで飛んでいることが分かった。

拡大する

夕暮れ時に蚊に刺されるとき、プーンという特有の高い音が聞こえるのはどうしてだろう、と考えたことはあるだろうか。これは、蚊は羽を1秒間に800回近い、同程度の大きさの多くの昆虫の4倍の振動数で動かしているからだ1。蚊の飛行方法には、その他にも蚊にしかない特徴がある。例えば、蚊は細長い形状の長い羽を持つが、その羽ばたきは、最も前方と最も後方の位置の差(ストローク振幅)が約40°しかない。一方、ショウジョウバエのストローク振幅は約150°であり2、ストローク振幅が小さいことで知られるミツバチでさえ、その振幅は蚊の2倍以上だ3。ロンドン大学ロイヤル・ヴェテリナリーカレッジ(英国)のRichard J. Bomphrey、千葉大学大学院工学研究科の中田敏是(なかた・としゆき)らは今回、蚊の羽の周囲の空気の運動を最先端の方法でモデル化して蚊の飛行を詳細に調べ、蚊が独自の空気力学メカニズムで飛んでいることをNature 2017年4月6日号92ページで報告した4

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度