Editorial

幹細胞治療を商業化するまでの道のり

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 7 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170738

原文:Nature (2017-04-06) | doi: 10.1038/nature.2017.21757 | Pioneering cell transplant shows vision and promise

人工多能性幹細胞を使った治療については、日本が初期段階で成功を収めており、称賛に値するが、この治療法の商業化を進める際には、やはり慎重さが求められる。

拡大する

The Asahi Shimbun via Getty Images

2014年9月、人工多能性幹細胞(iPS細胞)に由来する網膜細胞が、加齢黄斑変性の女性患者に移植され、(現在のところ)治療は成功している。iPS細胞を用いた世界初のこの外科手術を率いたのは、理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター(現 多細胞システム形成研究センター:兵庫県神戸市)の網膜再生医療研究開発プロジェクトのリーダーで神戸市立医療センター中央市民病院(兵庫県)の眼科医である高橋政代と、同病院の眼科部長である栗本康夫らだ。iPS細胞は、体内のさまざまな種類の細胞に分化する能力を持っているが、ヒト胚に由来する幹細胞ほどの倫理的問題性はない。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度