News

免疫チェックポイント阻害剤で一部患者のがん悪化?

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 7 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170714

原文:Nature (2017-04-06) | doi: 10.1038/nature.2017.21755 | Promising cancer drugs may speed tumours in some patients

Heidi Ledford

免疫チェックポイント阻害剤と呼ばれるがん治療薬で、がんが悪化する場合があることが報告された。研究者らはその理由を追究している。

免疫療法は、治療が困難な一部のがん患者に希望をもたらしたが、がんが悪化する場合もあることが報告された。 | 拡大する

KENNETH K. LAM/BALTIMORE SUN/GETTY

免疫チェックポイント阻害剤は免疫系の働きを解き放つ強力な薬剤で、一部の進行がんの患者のがんを消滅させると期待されている。しかし、最近の2つの研究から1,2、PD-1阻害剤と呼ばれるこの種の治療薬の使用により、一部の患者で逆の結果、つまりがんの広がりが加速される可能性が示唆された。現在、研究者らはその理由を明らかにしようとしている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度