News

ミトコンドリア置換法で想定外のDNA混合

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 7 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170712

原文:Nature (2017-04-06) | doi: 10.1038/nature.2017.21761 | Genetic details of controversial 'three-parent baby' revealed

Sara Reardon

置換療法で生まれた男児が母親由来のミトコンドリアDNAを一部持っていることが分かった。だが両親は、長期の経過観察を望んでいないという。

ミトコンドリア置換法で生まれた男児を抱くJohn Zhang。自身のクリニックにて。 | 拡大する

NEW HOPE FERTILITY CLINIC

2016年秋に、ミトコンドリア置換法を使って両親と女性ドナーの計3人に由来するDNAを併せ持つ男の子が生まれたことを、ニューホープ不妊治療センター(米国ニューヨーク)が明らかにした。この手法については議論が多く、実際にヒトで行われたことを受けて科学者らはすぐに警告を発した。一部の研究者は倫理的な理由から抗議し、また一部の研究者は、クリニックの創設者でCEOの医師John Zhangが述べた科学的主張に疑問を投げ掛けた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度