Japanese Author

マクロファージの概念を変える発見

佐藤 荘

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170619

免疫反応におけるゴミ処理係として知られるマクロファージが、近年、大いに注目を集めている。マクロファージは1種類の細胞ではなく、さまざまな機能を持って分化し、いろいろな疾患に特異的に働く多様なマクロファージが複数種存在するというのだ。一連の研究を牽引するのは、大阪大学審良静男研究室の佐藤荘助教である。

–– マクロファージとは、そもそもどのような細胞ですか?

新たに見つかったマクロファージ(SatM) SatM細胞には、通常のマクロファージと異なり、核が2つある。 | 拡大する

佐藤: 生体のゴミなどを食べる細胞として、100年以上前に見つかりました。免疫系が病原体をやっつけた後のゴミ処理係です。獲得免疫系を活性化する役割の樹状細胞や、獲得免疫の司令塔であるT細胞と比較すると、マクロファージは、免疫系に関与する細胞の中でも研究者の興味を引くところのあまりない「つまらない細胞」というイメージを持たれていました。

少し注目を集める報告が出たのは、2000年前半のことです。欧州の研究チームによる論文で、マクロファージは、1種類の細胞だけれども、M1とM2という2つの状態があり、その状態を行き来しているというのです。M1は、細菌やウイルスなどの感染により活性化する「急性炎症」に関わるマクロファージの状態であり、M2は、「慢性炎症」に関わるマクロファージの状態ということでした。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度