News Scan

氷河期のチベット人

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170408a

世界の屋根に人間が定着した時期は従来の見方よりもずっと古かったようだ

「世界の屋根」といわれるチベット高原に最初にやってきた人たちが直面した環境は、人類がこれまでに遭遇した中でも最も厳しいものだった。標高は平均で4500mを超え、寒く乾燥し、酸素は海抜ゼロ地点の半分しかない。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度