Editorial

感染症対策へ世界が新たな一歩

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170436

原文:Nature (2017-01-26) | doi: 10.1038/541436a | Vaccine initiative marks bold resolution

2017年1月、感染症の流行に備えたワクチンの開発と備蓄を目標とする国際的な取り組み「感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)」が発足した。日本など数カ国が参画を表明している。

2014年に西アフリカで流行したエボラ出血熱による死者は 1万人以上に上った。 | 拡大する

John Moore/Getty Images

新たな疾患が流行し、あるいは疾患の再流行があった後の展開は、大体いつも同じである。正式な検討会議が開かれ、世界各国が次の新たな流行への備えを強化するのに役立つ教訓が提示されるのだが、マスコミと政治家の関心は一時的で、それが薄れるとそうした備えはほとんど実施されなくなるのだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度