News

アステカ社会崩壊の一因はサルモネラ症の可能性

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170402

原文:Nature (2017-02-23) | doi: 10.1038/nature.2017.21485 | Collapse of Aztec society linked to catastrophic salmonella outbreak

Ewen Callaway

スペインによるアステカ帝国の征服後に現地で発生した疫病は、人類史上最悪の疫病の1つとされている。このほど500年前の遺体から細菌のDNAが採取され、この疫病に関する初の直接的な証拠が得られた。

19世紀に描かれたスペイン人によるメキシコ侵略。メキシコではその後、原因不明の伝染病が立て続けに大流行した。 | 拡大する

Bettmann/Getty

16世紀にメキシコで発生した疫病は、人類史上最悪の疫病の1つとして原住民の人口を激減させた。この疫病が、欧州からもたらされた重篤な症状の原因となる種類のサルモネラ菌によって引き起こされた可能性があるとする論文2編が、プレプリントサーバーbioRxivに投稿された。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度