News

「コモン・ルール」最終版は研究者寄りに

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170413

原文:Nature (2017-01-26) | doi: 10.1038/nature.2017.21330 | Controversial patient-consent proposal left out of research-ethics reforms

Sara Reardon

ヒト試料を扱う研究と臨床試験で米国政府が助成するものに適用される規則「コモン・ルール」。このたびの改訂では、焦点となっていた被験者保護の拡充が見送られ、プライバシーに関する懸念が広がっている。

拡大する

luckyvector/iStock / Getty Images Plus/Getty Images

患者プライバシー擁護派にとっては打撃だった。米国政府は、科学者が生物試料を後の研究で使用する際、その試料が匿名化されている場合であっても事前に提供者の同意を得なければならない、という規則の制定を計画していたが、それを断念したのだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度