Nature ダイジェスト

Japanese Author

360度曲がる携帯型テラヘルツ波スキャナー

河野 行雄

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170324

雲の分布や海水温のモニタリング、セキュリティー検査、がんの画像診断などのさまざまな用途で、「見えないものを見る」非接触・非破壊のイメージング技術が使われている。その際に使われる電磁波の波長はさまざまだが、30〜3000µmのテラヘルツ波は、得られる画像の解像度が低い、装置が大がかり、といった理由で実用化が遅れていた。今回、河野行雄・東京工業大学科学技術創成研究院准教授らは、カーボンナノチューブでできたフィルムを利用することで、360度曲げることができ、携帯も可能な小型のテラヘルツスキャナーの開発に成功した。

–– テラヘルツ波を利用したスキャナー開発での成果です。

拡大する

東京工業大学

河野: はい、カーボンナノチューブ(CNT)でできた柔軟なフィルムを利用して、携帯できるテラヘルツ波のスキャナーを開発しました。テラヘルツ波は30〜3000µmの波長を持つ、光と電波の間に属する電磁波です。可視光を通さない物質を適度に透過し、光子エネルギー領域としても物質や生体などに適していることから、「見えないものを見る技術」に応用しようと技術開発が進められてきました。後で述べますが、一部で実用化が始まっており、近い将来実用化されるものも少なくない状況です。

ただし、テラヘルツ波技術を本格的に実用化するには、大きな課題があります。テラヘルツ波は、電子工学的に電子を制御するには高周波の極限で、光学的に光を制御するには低エネルギーの極限に近いため、高感度・高解像度を達成するのが非常に難しいのです。私は光学ではなく物性物理の出身で、そこからテラヘルツ波に入りました。これまでの研究を生かすことで、誰も実現していなかった成果を達成できました。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度