Nature ダイジェスト

News

簡便で正確な脳震盪診断法

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170305

原文:Nature (2016-12-22) | doi: 10.1038/nature.2016.21227 | Brain scan hints at first simple test for concussion

Lisa Vincenz-Donnelly

小規模な研究から、音声合成装置で生成された「ダ」の音声を聞かせるだけで脳震盪(軽度の脳損傷)を判別できる可能性が示された。長期的な影響を評価する生物学的マーカーとしても利用できるかもしれない。

脳震盪の生物学的マーカーは、特にスポーツの分野で、頭部を強打した人の診断と、その回復の追跡を容易にすることが期待される。 | 拡大する

John Greim/LightRocket via Getty Images

脳における音声処理過程を評価する検査が、単純で信頼性の高い脳震盪診断法となり得ることが、小規模な研究によって示された。脳震盪のような軽度の脳損傷についてはあまり解明が進んでいないため、この評価法が有効であれば、最適な治療法の確立に役立つことが期待される。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度