Nature ダイジェスト

Editorial

タツノオトシゴの変わった特徴にゲノムから迫る

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170335

原文:Nature (2016-12-15) | doi: 10.1038/540316a | Sequence reveals genes behind bizarre sea-horse traits

タツノオトシゴのゲノム配列が解読され、この奇妙な生き物に特有の形質に関する手掛かりが得られた。

拡大する

James R.D. Scott/Moment/Getty

ギリシャ神話の神々は多忙だった。ポセイドンは、海を支配し、地震を発生させるだけでなく、動物を創造するという副業を持っていた。彼の最も有名な創造物はウマだった。ポセイドンは、自分が作り出したウマをこよなく愛し、そのうちの数頭に自分の二輪戦車を引かせて波を切って走らせた。海を走るこのウマは「ヒッポカンポス」(hippocampus;大ざっぱに訳すと「ウマの怪物」)と呼ばれ、魚の尾鰭のようなものと2つの前蹄があり、風の強い日には、海面の波や波の泡沫を切って走る姿を見ることができた。そのため、白波は今でもwhite horse(白馬)と呼ばれる。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度