Nature ダイジェスト

News & Views

たっぷり眠るマウスと夢を見ないマウス

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170228

原文:Nature (2016-11-17) | doi: 10.1038/nature20471 | Sleepy and dreamless mutant mice

Derk-Jan Dijk & Raphaëlle Winsky-Sommerer

哺乳動物の睡眠は、急速な眼球運動を伴う睡眠(レム睡眠)と急速な眼球運動を伴わない睡眠(ノンレム睡眠)からなる。遺伝子変異マウスの大規模な睡眠異常スクリーニングにより、ノンレム睡眠の必要量を決める遺伝子と、レム睡眠の終止に関与する遺伝子が突き止められた。

拡大する

Graffizone/iStock / Getty Images Plus/Getty

いくらでも眠れるという人もいれば、一晩に数時間眠れば十分と主張する人もいる。また、見た夢を覚えている人もいれば、そうでない人もいる。こうした個人差の遺伝的基盤は何なのだろうか? 「順」遺伝学的スクリーニングでは、遺伝子をランダムに変異させ、それぞれの変異が、注目する行動や生物学的形質にどのような影響を及ぼすかを調べる。筑波大学および東邦大学に所属する船戸弘正(ふなと・ひろまさ)をはじめとする、テキサス大学サウスウェスタン医療センター、名古屋市立大学、ジャクソン研究所、理化学研究所、新潟大学、国立長寿医療研究センターによる共同研究チームは、マウスを使った大規模な順遺伝学的スクリーニングにより、睡眠パターンの変化を生み出す2つの遺伝子変異を特定した。この研究成果はNature 2016年11月17日号378ページに掲載された1

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度