News

6大陸の蜂蜜からネオニコチノイド系農薬を検出

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2017.171207

原文:Nature (2017-10-05) | doi: 10.1038/nature.2017.22762 | Controversial pesticides found in honey samples from six continents

Rachel Cernansky

ネオニコチノイド系農薬のミツバチへの影響について、新たな調査結果が報告された。

拡大する

David Blaikie/Moment/Getty

ネオニコチノイド系農薬は、一部の研究でミツバチの健康に悪影響を及ぼす可能性が示唆されている化学物質だ。このほど、標準化した手法を用いて世界各地の蜂蜜に含まれるこの農薬を定量する初の試みの結果がScience 2017年10月6日号に発表された1。報告によると、試料の75%からある程度の量のネオニコチノイドが検出され、試料の半数近くは、これまでの研究からミツバチの脳機能を損なったりコロニーの成長を遅らせたりすると考えられる濃度以上であったという。また、試料の45%に2種類以上のネオニコチノイドが含まれていた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度