News

種内競争で毒を強めるオタマジャクシ

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2017.171205

原文:Nature (2017-09-29) | doi: 10.1038/nature.2017.22734 | Toad tadpoles turn homegrown poisons on each other

Christie Wilcox

ヨーロッパヒキガエルのオタマジャクシが、同種のライバルの数に応じて毒の強さを変えることが明らかになった。これは、動物の毒性が、捕食者ではなく競争者の増加によって増強されることを示した初めての例である。

拡大する

Michel Loup/Biosphoto/Getty

多くのヒキガエルは強力な毒で捕食者から身を守っているが、その幼生であるオタマジャクシの中には、この毒素を同種間の競争で使うものがいることが、新たな研究で明らかにされた。Functional Ecologyに9月23日付で掲載された論文1によれば、ヨーロッパヒキガエル(Bufo bufo)のオタマジャクシは混み合った条件で育つと毒性が強まり、こうした強毒性が種内競争において優利に働いている可能性があるという。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度