News

概日時計の機構解明にノーベル医学・生理学賞

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2017.171211

原文:Nature (2017-10-05) | doi: 10.1038/nature.2017.22736 | Medicine Nobel awarded for work on circadian clocks

Heidi Ledford & Ewen Callaway

細胞の概日リズムを生み出す分子機構を解明した3氏が2017年のノーベル医学・生理学賞を共同受賞した。

ノーベル医学・生理学賞を共同受賞した3氏。左からマイケル・ロスバッシュ、ジェフリー・ホール、マイケル・ヤング。 | 拡大する

NORA TAM/SCMP

2017年のノーベル医学・生理学賞は、生体に備わる概日時計の機構解明に大きく貢献した、ブランダイス大学(米国マサチューセッツ州ウォルサム)のジェフリー・ホール(Jeffrey Hall)およびマイケル・ロスバッシュ(Michael Rosbash)と、ロックフェラー大学(米国ニューヨーク)のマイケル・ヤング(Michael Young)の3氏に贈られる。3氏は賞金900万スウェーデンクローナ(約1億2000万円)を等分した額を受け取る。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度