News & Views

ビタミンCが幹細胞とがんを調節する

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2017.171236

原文:Nature (2017-09-28) | doi: 10.1038/nature23548 | Vitamin C regulates stem cells and cancer

Peter G. Miller & Benjamin L. Ebert

ビタミンCは、腫瘍抑制タンパク質Tet2への結合を介して造血幹細胞の数と機能を調節し、白血病の発生に影響を及ぼすことが分かった。

拡大する

BIT245/ISTOCK /GETTY IMAGES PLUS/GETTY

細胞代謝の基質、中間体、産物は、細胞の性質やがんへの形質転換に影響を及ぼす可能性がある1,2。このほど、そのような代謝産物の1つであるビタミンC(アスコルビン酸としても知られる)が幹細胞の生物学的性質にこれまで知られていなかった役割を担っていることが、2つの研究チームにより明らかにされた。テキサス大学サウスウェスタン医療センター(米国ダラス)のMichalis AgathocleousらはNature 2017年9月28日号476ページ3で、ニューヨーク大学医学系大学院(米国)のLuisa CimminoらはCell 2017年9月7日号1079ページ4でそれぞれ報告した。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度