News

ノーベル物理学賞は重力波を検出した3氏に

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2017.171209

原文:Nature (2017-10-05) | doi: 10.1038/nature.2017.22737 | Gravitational wave detection wins physics Nobel

Davide Castelvecchi

重力波観測装置LIGOにより重力波の検出を成功させたレイナー・ワイス、バリー・バリッシュ、キップ・ソーンの3氏がノーベル物理学賞を共同受賞した。

重力波検出に貢献した3氏。左からバリー・バリッシュ、レイナー・ワイス、キップ・ソーン。 | 拡大する

LEFT: CALTECH; CENTRE: BRYCE VICKMARK/MIT; RIGHT: CALTECH ALUMNI ASSOC.

重力波の初の直接検出に関して主要な役割を果たした3人の物理学者が、2017年のノーベル物理学賞を勝ち取った。マサチューセッツ工科大学(MIT;米国ケンブリッジ)のレイナー・ワイス(Rainer Weiss)と、カリフォルニア工科大学(米国パサデナ)のバリー・バリッシュ(Barry Barish)およびキップ・ソーン(Kip Thorne)は、米国のレーザー干渉計重力波観測所LIGO(ライゴ:Laser Interferometer Gravitational-Wave Observatory)で初めて重力波を検出した業績に対して、900万スウェーデンクローナ(約1億2000万円)を授与される。2015年9月、ルイジアナ州リビングストンとワシントン州ハンフォードの2カ所に建設されたLIGOの一対の観測装置は、はるか彼方のブラックホール同士の衝突が引き起こした時空の歪みを捉えた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度