News & Views

わずかなアンモニアを巡る微生物たちの戦い

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2017.171233

原文:Nature (2017-09-14) | doi: 10.1038/549162a | A fight for scraps of ammonia

Marcel M . M . Kuypers

アンモニアから亜硝酸への酸化と、亜硝酸から硝酸への酸化の両方を行うことができる細菌の純粋培養に、初めて成功した。意外にもこの細菌は、アンモニアから亜硝酸への酸化のみを行う多くの培養微生物よりも、アンモニアの乏しい環境によく適応しているようだ。

拡大する

Dorling Kindersley/Getty

「硝化」とは、アンモニアから亜硝酸へ、亜硝酸から硝酸へという2段階の酸化を含んだ過程であり、重要な生物地球化学的過程である窒素循環の中心的な要素だ。限られた量のアンモニアを巡る競争は、硝化を行う細菌やアーキアが複雑な群集を形成する大きな要因となっている。この競争は、アンモニア濃度が低い環境(マイクロモル未満)では、これまでアンモニア酸化アーキア(AOA)はアンモニア酸化細菌(AOB)に対して優勢であると考えられてきた1,2。しかし、ウィーン大学(オーストリア)のKerim Dimitri Kitsら3は、硝化の両段階を行うことができる(つまりアンモニアから硝酸を生成する)細菌、ニトロスピラ・イノピナタ(Nitrospira inopinata)という珍しい細菌4–6の純粋培養に初めて成功し、この細菌が、多くの培養AOA種よりも低アンモニア条件によく適応していることを明らかにした。この成果は、Nature 2017年9月14日号269ページに掲載された。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度