News & Views

苦味と甘味の知覚に必要なガイダンス分子を発見

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2017.171136

原文:Nature (2017-08-17) | doi: 10.1038/nature23537 | A bitter–sweet symphony

Jiefu Li & Liqun Luo

苦味や甘味などの味覚に関する情報は、それぞれの味覚に特異的な経路を介して、マウスの舌から脳へ伝達される。このたび、セマフォリンタンパク質がこれらの経路の配線を誘導していることが明らかになった。

拡大する

Maskot/Getty

食べ物を口に入れてすぐに「おいしい」と感じられるのは、舌から味覚の情報が脳へ伝達されるためである。味の正確な知覚は動物の生存に不可欠である。というのは、苦味を引き起こす分子は、通常、毒物であることを警告しており、甘味のある分子は栄養のある食物を示しているからだ。そのようなシグナルを忠実に伝達するために、味覚系はどのように配線をつないでいるのだろう? このほどコロンビア大学(米国ニューヨーク)のHojoon Leeら1は、マウスにおいて苦味と甘味の経路の配線を誘導するガイダンス分子としてセマフォリンファミリーの2つのタンパク質を突き止めたことを、Nature 2017年8月17日号330ページに報告した。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度