News & Views

系外惑星大気にオゾン層に似た層を発見

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2017.171134

原文:Nature (2017-08-03) | doi: 10.1038/548038b | Ozone-like layer in an exoplanet atmosphere

Kevin Heng

系外惑星の大気の性質が盛んに議論されている。ホットジュピターと呼ばれる系外惑星の熱スペクトルから、組成は不明だが、地球のオゾン層に似た層の存在が明らかになった。

巨大な系外ガス惑星WASP-121b​に水の輝線が見つかったことから、成層圏を持つと考えられる。 | 拡大する

Engine House VFX, At-Bristol Science Centre, University of Exeter

系外惑星科学のこれからの研究最前線は、リモートセンシング技術による大気の化学的特性の解明だ1。リモートセンシングとは、遠くの対象物を観測機器などを用いて探査する手法である。恒星間航行が実現されていない現状では、系外惑星に生命が存在するか、存在可能かを探る唯一の手段はリモートセンシングと考えられる2。ホットジュピターは、木星ほどの大きさで公転周期が短く(概して数日)、表面温度が非常に高温な系外惑星の一種である。そうした特徴からホットジュピターは、より小型で大気温の低い系外惑星の探査方法を研究している天文学者にとって、観測技術と理論的手法を磨く良い出発点となる。このたびエクセター大学(英国)のThomas M. Evansらは、WASP-121bというホットジュピターの熱スペクトルから水を検出したことを、Nature 2017年8月3日号58ページで報告した3。今回の発見から、WASP-121bでは、地球の大気と同様に大気温が高度とともに上昇する「温度逆転」現象が起こっており、その大気にオゾン層に似た層を含んでいることが示唆された。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度