News

宇宙の物質分布の「むら」は意外に小さかった

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2017.171116

原文:Nature (2017-08-10) | doi: 10.1038/nature.2017.22413 | Cosmic map reveals a not-so-lumpy Universe

Davide Castelvecchi

暗黒エネルギーサーベイの観測結果に基づく地図が報告された。予想外の結果だが、宇宙論の標準モデルと矛盾するほどではなかった。

暗黒エネルギーサーベイ(DES)のカメラが撮影した、地球から約6500万光年の彼方にあるNGC 1398銀河。DESは、この銀河をはじめとする2600万個の銀河の位置と形の地図を作った。 | 拡大する

Dark Energy Survey

宇宙の構造を表す、これまでで最大の地図が作られた。宇宙の物質分布の「むら」は、これまで考えられていたほど大きくないらしいことが明らかになった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度