News

ワラビーの母乳は第2の胎盤

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2017.171105

原文:Nature (2017-07-12) | doi: 10.1038/nature.2017.22587 | Wallaby milk acts as a placenta for babies

Sara Reardon

高機能の胎盤を持たないとされてきた有袋類だが、胎盤様の構造と乳がその役割を果たしているようだ。

拡大する

WAYNE LYNCH/ALL CANADA PHOTOS/GETTY

哺乳類の胎盤は、胎児を保護し養育する器官である。この胎盤に関するこれまでの科学的な常識が今回、ワラビーに蹴散らされてしまったようだ。有袋類のダマヤブワラビー(Macropus eugenii)では、従来の見方に反して、母体内に機能を持った胎盤ができ、なおかつ、出産後の母乳に胎盤が通常果たす機能の一部が備わっていることが明らかになったのである1

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度