News

マウス尾から卵を作る培養系確立

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170110

原文:Nature (2016-10-20) | doi: 10.1038/nature.2016.20817 | Mouse eggs made from skin cells in a dish

David Cyranoski

この画期的な技術を用いれば、人工的にヒトの卵を作製できる可能性があり、今後を見据えた議論が必要である。

これらの11カ月齢のマウスは、完全に体外で作り出された卵から生まれた。 | 拡大する

K.Hayashi, Kyushu Univ.

マウス尾の繊維芽細胞由来のiPS細胞から培養皿上で卵を作製し、その卵を用いて繁殖能力のある仔を誕生させたことを、九州大学(福岡県)の生殖生物学者、林克彦が率いる研究チームがNature 2016年11月10日号に発表した1。これは生殖生物学の素晴らしい成果であり、マウスの卵子をiPS細胞から完全に体外で作製した初めての報告である。この過程がヒトでも実行可能なら、卵母細胞を卵巣に移植しなくとも、受精可能な卵を人工的に作製できるかもしれない。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度