Nature ダイジェスト

Editorial

誰もが等しく恩恵を受けられる研究を目指して

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160238

原文:Nature (2015-11-19) | doi: 10.1038/527275a | Research for all

米国立衛生研究所の研究助成金交付に伴う人種バイアスに関する数値データが開示され、科学に「インクルーシブネス」(多様な人々を関与させるだけでなく、多様性を受け入れ、尊重し、各人のニーズや物の見方を組み込むこと)の考え方を浸透させる必要性が明らかになった。

拡大する

SOURCE: E. BURCHARD/S. OHIN

米国立衛生研究所(NIH;メリーランド州ベセスダ)が交付する研究助成金における人種格差の長期的実態を示すデータが開示された。それによれば、約30年間にわたる助成金獲得率は、白人系と混血の米国人申請者の方が少数民族の申請者よりも高かったことが明らかになった(Nature 2015年11月19日号286ページ参照)。2000~2006年に交付されたNIHの研究助成金に人種格差があることは、グリンネルカレッジ(米国アイオワ州)の学長Raynard Kingtonの研究チームが2011年に論文で報告している。その後、NIHは助成金交付の格差是正を目指した数億ドル相当の助成金とプログラムを実施した。今回開示されたデータは、カリフォルニア大学サンフランシスコ校(米国)の呼吸器科医Esteban Burchardと疫学者Sam Ohが情報公開法(FOIA)に基づいてNIHに請求したものだが、より長い期間にわたって人種格差が存在してきたことが示された。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度