News

米国で遺伝子組換えサケが食卓へ

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160213

原文:Nature (2015-11-26) | doi: 10.1038/527417a | Transgenic salmon leaps to the dinner table

Heidi Ledford

米国初となる遺伝子組換え動物の食用販売は申請から20年間保留されていたが、このたび、米国政府がお墨付きを与えた。

拡大する

olgna/iStock/Thinkstock

2015年11月19日、成長の速いあるアトランティックサーモン(Salmo salar、タイセイヨウサケとも呼ばれる)が、一躍脚光を浴びることになった。人間が食べるための遺伝子改変動物として、米国で初めて承認されたのだ。この遺伝子組換えサケは「アクアドバンテージ(AquAdvantage)」サーモンといい、米国食品医薬品局(FDA)は承認を20年間保留していた。このたびの画期的な決定は、この業界を生き返らせる可能性がある。関係者らは、自らの製品を市場化できる可能性があることを示す何らかの兆しを長年待っていた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度