News

エチオピアでヒト属最古の化石発見!

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150503

原文:Nature (2015-03-04) | doi: 10.1038/nature.2015.17039 | Ethiopian jawbone may mark dawn of humankind

Ewen Callaway

人類の出現時期を50万年さかのぼらせるエチオピアの新たな化石と、ホモ・ハビリスの基準標本の再復元で得られた3次元モデルから、人類の誕生とその進化の過程は予想以上に込み入っていたことが示された。

エチオピア・アファール州レディ・ゲラル(Ledi-Geraru)調査地区で出土した、280万年前の下顎骨の破片の分析結果が報告された。その特徴から、この骨はヒト属の化石として最古のものと見られる。また、別の研究チームにより、重要な初期人類種として50年前に報告されホモ・ハビリスの基準(ホロタイプ)となった化石の再分析結果が報告され、この化石標本が、過去にこれと同種とされたより古い人類化石群や同年代の他種とは異なる特徴を持つことが明らかになった。これらの結果は、我々ヒト属の黎明期には多様な進化系統が存在していたことを示している。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度