Nature ダイジェスト

News

自己T細胞移入療法でがん患者の生存期間が延長

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150310

原文:Nature (2014-12-11) | doi: 10.1038/516156a | T-cell therapy extends cancer survival to years

Heidi Ledford

難治性の白血病やリンパ腫を対象とした遺伝子改変T細胞療法の臨床試験で有望な結果が集まりつつある。

スローン・ケタリング記念がんセンター(米国ニューヨーク)の免疫学者Michel Sadelainは、遺伝子改変T細胞を用いたがん治療を研究しており、2007年に最初の臨床試験を開始した。この療法は、患者からいくらかのT細胞を採取した後、がん細胞を認識できるように遺伝子を改変して患者の体内に戻すことから、自己T細胞移入療法や養子免疫療法と呼ばれる。この療法の有効性はマウスにおける研究で実証されていたが、当時、Sadelainの同僚たちは患者の紹介を拒んだため、彼は臨床試験に参加してくれる患者を見つけることがなかなかできなかった。それでも、Sadelainは同僚たちを非難することはなかった。「この治療法はサイエンス・フィクションのような印象かもしれません。私は25年間この治療を研究してきましたが、いまだに『クレイジーな考えでは』と自分自身に問い続けていますから」とSadelainは言う。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度