Nature ダイジェスト

News

疑問視される人工気管移植手術

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150307

原文:Nature (2014-12-04) | doi: 10.1038/516016a | Investigations launched into artificial tracheas

David Cyranoski

カロリンスカ研究所は、実験的に行われた移植手術に対し2件の調査を行っている。

生体工学で作られた人工気管の最初の移植手術が2011年に外科医Paolo Macchiariniによって行われた。

KAROLINSKA UNIV. HOSPITAL VIA SCANPIX/CORBIS/REUTERS

欧州で最も有名な医科大学の1つ、カロリンスカ研究所(スウェーデン・ストックホルム)は、ある医師の実験的手術について2つの調査を始めた。この医師は、生体工学的に作られた気管の移植手術を行っていることで知られており、この手法は医学界に革命を起こす可能性があると注目を集めている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度