News & Views

多能性状態を操作するための手引き

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150324

原文:Nature (2014-12-11) | doi: 10.1038/516172a | A designer’s guide to pluripotency

Jun Wu & Juan Carlos Izpisua Belmonte

偏りのない解析で、iPS細胞の再プログラム化から万能性獲得までの過程には複数の経路があることが明らかになり、そこから、これまで見落とされていた新しいタイプの多能性細胞の存在が確認された。

成体生物には、全ての種類の細胞を作り出すことができる「多分化能(pluripotency)」と呼ばれる能力が備わっている。だが、この多分化能は、早期胚発生中に見られる一時的な特徴である。胚から単離して、in vitroで培養できる多能性細胞にはタイプの異なるものが2種類ある。胚性幹(ES)細胞と呼ばれるナイーブ型の幹細胞と、エピブラスト幹細胞と呼ばれるプライム型の幹細胞である1-4。これらとは別に、再プログラム化因子と呼ばれる転写因子を複数組み合わせて成体細胞に導入することでも多能性を回復させることができ、この細胞は人工多能性幹(iPS)細胞と名付けられた5-7。既知の多能性細胞種5,7に加えて、iPS細胞の樹立によって、種類が異なる多能性幹細胞が多数あることが分かり、まだ明らかになっていない多能性状態が存在することがうかがわれる。そして今回、iPS細胞再プログラム化によって生じるこれまでに知られていないタイプの多能性細胞(Fクラス細胞)の存在が明らかになり(図1)、その特徴が、計5編の論文(Nature 2014年12月11日号に2編9,10Nature Communicationsに3編11-13)として報告された。これらの研究成果は、トロント大学(カナダ)のAndras Nagyを中心とする国際協力研究「Project Grandiose」の一環である。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度