News

フィラエの64時間

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150207

原文:Nature (2014-11-20) | doi: 10.1038/515319a | Philae’s 64 hours of science

Elizabeth Gibney

チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に着陸した彗星着陸機フィラエは、電池切れまでの64時間で、彗星に関する我々の認識を大きく変えた。

彗星着陸機フィラエに搭載されたCIVAが撮影した着地点の画像。左下にフィラエの脚が見える。

ESA/ROSETTA/PHILAE/CIVA

2014年11月12日、欧州宇宙機関(ESA)のロゼッタ・ミッションは、着陸機フィラエを分離してチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に着陸させるという歴史的快挙を成し遂げた。この彗星の直径は4kmで、本稿執筆時点で地球から5億1400万kmのところを時速6万km以上の速度で運動している。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度