News

キュリオシティ、火星のメタンを嗅ぎつける

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150202

原文:Nature (2014-12-16) | doi: 10.1038/nature.2014.16578 | Curiosity Rover sniffs Martian methan

Alexandra Witze

NASAの火星探査ローバー「キュリオシティ」が火星表面でメタンを検出した。量はわずかだが、そこには明らかな「動き」があった。

NASA/JPL-Caltech/MSSS

米航空宇宙局(NASA)の火星探査ローバー「キュリオシティ」が、着陸地点のゲール・クレーター上で微量のメタンが漂っているのを発見した。その濃度は、時折10倍にも跳ね上がっては減少する、というのを繰り返しているという。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度