News

電気薬学に熱い視線が集まる

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 10 | doi : 10.1038/ndigest.2014.141007

原文:Nature (2014-07-03) | doi: 10.1038/511018a | Electroceuticals spark interest

Sara Reardon

神経を電気刺激して病気を治療する方法の開発に、産業界も学術研究機関も力を注いでいる。

Thinkstock

薬の力では膵臓の細胞にインスリンを作らせたり、動脈を弛緩させて血圧を下げさせたりすることができない場合には、適切な電気刺激によって良い効果を得られる可能性がある。ペースメーカーと人工内耳による治療の数十年にわたる成功、そして小型化技術の進歩に後押しされ、今「電気薬学(electroceuticals)」に対する関心が高まっている。電気薬学療法とは、生体電子装置インプラントにより神経を刺激して病気を治療する方法だ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度