News Feature

核融合発電に挑むベンチャー企業

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 10 | doi : 10.1038/ndigest.2014.141012

原文:Nature (2014-07-24) | doi: 10.1038/511398a | THE FUSION UPSTARTS

M. Mitchell Waldrop

今、トカマク型に代わる新方式の核融合炉に熱い視線が注がれている。その研究開発を支えているのはベンチャーキャピタルと人々の夢だ。

ジェネラル・フュージョン社の核融合炉は、液体鉛の回転する渦の中の燃料を巨大なピストンで圧縮する。

HUBERT KANG PHOTOGRAPHY

核融合研究に従事する企業には多かれ少なかれ秘密めいた部分があるものだが、米国のトライアルファ・エナジー社(Tri Alpha Energy;以下、トライアルファ社)の秘密主義は突出している。同社はカリフォルニア州アーバインのすぐ東、サンタアナ山脈の麓に広がる郊外型のオフィスパーク内にあり、曲がりくねった道を車で進んでいくと、何の目印もない大きな本部施設の外に着く。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度