News

太陽系外から来た初めての塵?

Nature ダイジェスト Vol. 11 No. 10 | doi : 10.1038/ndigest.2014.141002

原文:Nature (2014-08-14) | doi: 10.1038/nature.2014.15720 | First dust grains from outside the Solar System

Nicole Skinner

NASAの探査機が捕らえた微粒子サンプルに星間塵候補粒子が含まれていたことが、市民科学プロジェクトで明らかになった。

NASA/JPL-CALTECH

2006年1月、米航空宇宙局(NASA)の探査機「スターダスト」が7年間に及ぶミッションで採取した惑星間や彗星周辺の微粒子サンプルが、カプセルに収められて無事地球に帰還した。この貴重なサンプルは、その後8年間の歳月をかけ、総勢65人の科学者チームを中心に世界中の市民科学者たちの手で調べられ、そのうち7個が太陽系外由来の星間塵である可能性が判明した。これが確認されれば、地球に初めて星間塵がもたらされたことになる。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度