Japanese Author

脳の画像から、夢と心を読む

神谷 之康

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 7 | doi : 10.1038/ndigest.2013.130720

人の心をfMRI画像から読み解くという画期的な技術を開発し、世界を驚かせてきた計算神経科学者、神谷之康氏。機械学習によるパターン認識というコンピューターの手法を神経科学に持ち込み、脳の解明に挑む。今回、眠っている人の夢の中身をfMRI画像から解読することに成功した。

–– Nature ダイジェスト:夢の内容がわかる技術を開発したそうですね1。うっかり、うたた寝もできない(笑)。

神谷:現状では、fMRI(機能的磁気共鳴画像)装置の中で寝てもらう必要があるので、夢の内容を言い当てられる心配はありませんよ(笑)。それに、脳内の構造には指紋のように微妙な個人差があり、夢の解読には、あらかじめその人自身の脳活動データを収集しておくという準備も必要になりますしね。

–– 脳活動データとは?

fMRI画像データです。fMRIとは、脳活動に伴う血流の変化を測定する装置。物や風景の写真を見たときの脳が活動する様子を、あらかじめfMRI画像データとして収集しておきます。このデータを使って、夢解読コンピュータープログラム(デコーダー)を各被験者用に調整しておくことが必要なのです。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度