Nature ハイライト

がんモデル: がんの成長パターン

Nature 566, 7742

がんは管状上皮に発生することが多く、腫瘍の成長に伴いそうした上皮の正常な構造は破壊される。今回A Behrensたちは、がん細胞の細胞骨格の変化と管状上皮の構造との相互作用が、腫瘍の成長パターンを決定することを報告している。臓器全体の三次元画像化法を膵管に用いることで、膵管から外側へと拡大する外方増殖性病変と膵管内腔から内側に成長する内方増殖性病変という2つの異なる腫瘍成長パターンが明らかになった。これらの成長パターンは膵管の直径によって決まり、細胞骨格の変化と機械的張力によって駆動される。

Letter p.126
doi: 10.1038/s41586-019-0891-2 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2019年2月7日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度