Nature ハイライト

物性物理学:スピンテクスチャーを変換する

Nature 564, 7734

結晶固体中の原子は、六方晶や立方晶などの基本対称性を持つ規則的な繰り返しパターンで並んでいる。カイラル磁性体と呼ばれる物質では、テクスチャーを形成した電子スピン(スピンテクスチャー)に類似した繰り返しパターンが出現することがある。今回X Yuたちは、特定のカイラル磁性体薄板において、室温でスピンテクスチャーが二次元正方格子配列から二次元六方格子配列へ転移することを示している。さらにこの転移時には、スピンテクスチャー自体が、異なるトポロジーグループに属する構造へ転移するため、その構造によって安定性が異なることが分かった。

2018年12月6日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度